米粒遊歩 〜自由と孤独と本と手帳〜

旅のあれこれ、読書の記録、手帳に書き残すように。

ASIA

近くて遠いアジア

濁流に架かる鉄の橋とツァツァ

ブータンの公用語ゾンカでは、川のことを「チュ」という。眼前のパロ・チュに架かる吊り橋を渡ることこそ、ここに立ち寄った目的と言えよう。

【旅本】ブータン✕『アヒルと鴨のコインロッカー』

残酷で切なくも、どこか颯爽と流れゆく風を感じさせる。生と死は並列だろ、と爽やかに言ってのけると共に、ブータンというヒマラヤの小国の存在を静かに心の深いところに釘打ってくる物語。

旅は道連れ、ワインディング・ロードの洗礼

現地ガイドとドライバー。二人のブータン人とパーティを組み、いよいよブータンに足を踏み入れる。延々と続くワインディング・ロードの洗礼を受け……

王宮を思わせる伝統装飾の空港にて

伝統装飾に彩られたブータンの玄関口は、王宮内部を思わせる静謐な空間だった。

世界で一番着陸が難しい空港

コルカタからブータンへ。迎えてくれたのは緑豊かな集落と山合に潜む一筋の滑走路。

白い雷龍と乱気流

ブータンとはどんな国だろうか。そう易易とは立ち入ることが出来ない土地へと我々を誘うのは白い雷龍だった。