米粒遊歩 〜自由と孤独と本と手帳〜

旅のあれこれ、読書の記録、手帳に書き残すように。

iPad miniのコーディネート

現在ブログ大改修工事中! 過去の記事も順次改稿・復活予定

持ち歩きデバイスとしてのiPadの機種選択が、自分の中ではiPad miniしかありえないはずなのに、実は購入する前にiPad Airに少しだけ心が傾いた。なぜなら、本体のカラーが好ましい。

特にグリーン!

それだけのためにiPad Airを選択すると、そもそもの〈軽旅〉用デバイスというコンセプトから乖離してしまうので本末転倒だ。しかしiPad mini 6用の純正カバーに気に入るものがなかったこともあり、実は『見た目』という意外な部分で購入を尻込みしていた。

 

手に入れたのはもちろんiPad mini 6。本体のカラーは『スターライト』という真新しいカラーを選んだ。

 

渦巻く気持ちを宥めてくれたのはこのカバーだ。

 

背面が半透明だから、りんごマークも、刻印した言葉もちゃんと見える。

そもそもパステルカラーを身の回りに置くことは殆ど皆無だ。が、この色は優しげでとても愛着が湧いた

 

もちろん純正と同じくオートウェイク・オートスリープ機能を搭載。

Apple Pencil 2もマグネット装着可能だ。

 

握力が貧弱なのか、するっと手からモノを落としがちな私には、本来なら頑丈な耐衝撃仕様のカバーが最適だ。が、カバー自体のボリュームや重量とのトレードオフになることが目に見えている。そういうわけで、今回の選択が最も最適化された形だろうと自分で自分を褒めた。

 

さらにちょっとした出来心で、素朴な植物ステッカーを本体と背面カバーの間に挟んでみた。この時点では張り付けてはいないので、ズレないようにそうっと。

半透明カバーの内側に植物のステッカーを挟んだiPad mini 6

背面カバーはこの写真で見るよりはもう少しはっきりグリーンとわかる。が、iPad mini本体のカラー次第で、印象が変わる程度には透明感があるという絶妙なさじ加減。

 

そんな半透明グリーンの向こう側には、そこらへんの野山で積んできたような草花を模した植物ステッカーがしっくりくる。

元々は手帳ページのカスタム用に購入していたシールで、人に贈る手紙に使ったり、他に何に使えるかなと模索していたところだった。

 

とりあえずこの状態で数日使った結果、仮挟みしているだけだとやはりステッカーがずれてくるので、構成や配置を再検討してiPad mini本体にステッカーを貼り付けた。

確証は無いけれど、いざとなってもきれいに剥がせるだろうと楽観視して。

 

最終的にどんな状態にしたかはあえて見せない。

ここにはアイデアだけ置いておく。

 

こうして自分仕様のデバイスに仕上がったiPad mini 6を携えて、創作活動を益々加速させたい。

 

 

◉iPad mini 6を購入した話

◉Apple storeの刻印サービスを利用した話