米粒遊歩 〜自由と孤独と本と手帳〜

旅のあれこれを手帳に書き残すように。

旅と本の素敵な関係

現在ブログ大改修工事中! 過去の記事も順次改稿・復活予定

旅の荷物は軽くて小さい方がいい。けれど、誰にでも譲れないものがある。

私の場合は手帳。そしてだ。

旅と本

特に一人旅と本の相性は抜群で、日常生活の中でまとまった時間をとることが難しくとも、旅の移動時間や、ちょっとした待機時間が絶好の読書時間になる。

f:id:aaa41:20190528214122j:image

何かを意識するきっかけは本から受け取ることが多いし、旅先と本が一体となって記憶に残ることもある。それもまた、旅読書の醍醐味と言えるだろう。

あの旅で、あの土地で、あの車窓で。まだ行ったことのない土地に思いを馳せることもできる。誰かの旅の記憶に寄り添うことも。

本を読むと世界はどんどん広がり、同時に近づいてくる。

そのどちらも旅読書と呼んでしまえばいい。

 

そんな旅と本の関係を【旅本】として、ここに記録する。

 

【旅本】記事の構成

この先の【旅本】記事は、旅先(興味のある土地)に関連する読書ログに特化する。

  • 書籍名
  • 著者
  • 関連する旅先・土地
  • あらすじ
  • 印象的な一文・台詞
  • 発見したこと
  • 旅先との関わり

 

日常化する旅

乗り物の座席についてホット一息。少しおやつを食べたり飲んだりしたら、バックパックから本を一冊取り出して。そんなあらたまった旅読書はもちろん、電車を待つ間列に並ぶ間注文した料理が現れるまでの間だって、文字を追う時間に成り得る。

こういった日常に近いシチュエーションで読書をすると、不思議なことに旅そのものが日常化する。

それと同時に、本の世界に潜ることで、いつだってどこへでも旅することができる。

 

【旅本】記事が誰かの旅を、日常を面白くする一助になれば。