🚃Tiny Journey✈️

身軽に旅するミニマルバックパッカーの旅と読書の記録、時々手帳

私達はもう道に迷わない。ポケモンGO前史@cometの本棚

おはようございます🌞

本と旅するcometです🦖

@cometの本棚が付いたタイトルは本紹介記事の目印です。

cometの本棚

今日もまた1冊紹介します。 

今回紹介する本🦖

見知らぬ土地へ行く時、歩く時、今や当たり前のように使っているスマートフォンのmapアプリ。目的地と自分の位置。今の時代には当たり前に得られるこのシンプルな情報がどれほど偉大なものであるか意識したことはあるだろうか。 

今回紹介するのはグーグルマップ誕生の歴史を描いたドキュメンタリーだ。

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

 

著者はグーグル・マップやグーグル・アースのローンチに携わった人物。

現在はグーグルからスピンアウトした企業ナイアンティックで、GPSベースのゲームであるポケモンGOやハリーポッター:ウィザード・ユナイト(魔法同盟)などのマーケティングを手がけている。

この本を手にとったきっかけ 🦖

Google Mapというツールがあるからこそ私の旅が実現していると言ってもいい。国内で歩くときはもちろん、海外へ行く場合もGoogle Mapのオフラインマップをダウンロードしておくという技を最近習得した。つまり一言で言うと私はGoogle Map信者なのだ。

ネット環境に依存せずに現在位置を確認できるのは有り難い。興味のあるスポットを保存しておいて、散策する時はオフラインでもその地点と自分の位置関係を確認することができる。便利さもさることながらドラゴンレーダーのような使い方を一人で楽しんでニヤニヤしているわけだ。そりゃあもう手に取らないわけがなかろう。

ポートランドの街歩きでお世話になった🦖 

2019年4月に滞在したポートランドでもずいぶんお世話になった。節約のためモバイルwifiやsimは無し。 空港で物色して得た街の地図と路線図を見て移動し、そして最後はgoogle map上にお馴染みのピンで事前に印を付けておいた郊外のお宅へもちゃんとたどり着けた。この時初めてAirbnbを利用したのだ。

私のポートランド街歩きの背景には常にGoogle Mapの存在があった。


現地調達の路線図や地図とGoogle Mapの合わせ技は旅人の最強アイテムだと思っている。(注:国によっては地図やスマホを見ながら歩くと危ない土地もあるかと)

自分は今何処にいるのか🦖 

不慣れな土地でのこれほどまでに重要な情報が他にあるだろうか。

川沿いを歩いたこの日も、どの駅で降りるかや距離感を確認したし、

 

 

目的の店へまっすぐ向かうことができる。限られた時間で旅する者にとってこれ以上有り難いことはない。あの店にもう一度行きたいなんて時も便利。

 

  

そういうわけで偉大なるGoogle Mapの誕生物語に興味がないはずはない。

 

道に迷う最後の世代🦖 

序章で『道に迷う最後の世代』という一節がある。

いや本当に感慨深いというか、その過渡期に生まれたことに感謝したい。『なかった時代』と『存在する時代』の両方を知っていることに。実に感動的だ。

さらにその序章の数ページをめくると著者と幼い娘との会話シーンが。その舞台はなんとオレゴン州ポートランド。

え?ポートランド?しかもgoogle mapで探してたどり着いた店でのエピソード。これはもう運命としか思えない。

スタートアップ奮闘記としても面白い🦖 

面白いものを創ろうとワクワクする気持ち、必ず世の中の役に立つとの信念、資金調達や契約内容交渉の難しさ、時間との戦い、会社を畳まざるをえないかとの苦悩、去ってゆく同志…

様々な人物の特徴や奮闘、活躍、葛藤…世にないものを生み出そうとする人間達のドラマが描かれている。ライトに読み進めることができる。しかし当事者たちの粘り強さや心の強さは計り知れない。著者はずっと側で見ていたという視点で書いているのだけど、このドラマティックな実話を書き残すべきものだと考えた理由は読めば分かる。そしてこの著者にしか書けない記録だ。

スタートアップ奮闘記だと?そんな軽々しいタイトルを付けたやつは誰だ?そんな生易しいものじゃない。生みの苦しみも切り立った崖の上のような立ち位置も開拓してく楽しさも、時代を経て刻まれてゆく出来事の一つ一つが、今私達の生活に当たり前のように溶け込んでいる一つのテクノロジーの歴史なのだ。小さなスタートアップ企業に始まり、グーグルに取り込まれ、アップルとも対決することになる。これは壮大な歴史書なのだ。

GPSベースのサービスからAR拡張空間へ🦖

地図のデータベース、位置情報、地球を俯瞰する体験、そして現実世界に拡張空間を創る。夢を描くのも人間、夢を実現するのも人間。人間臭さ満載で世の荒波に揉まれまくったドラマが現実にある。先に取り上げたGPSベースのゲーム、ポケモンGOやハリーポッター:ウィザード・ユナイト(魔法同盟)は、グーグル・マップやグーグル・アースの延長線上にあるサービスだ。今私達が生活する空間を別の次元へと広げた基盤技術の背景を知らずに遊んでいるとは。ここまで言って読まずにいられるのか?

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 (世界を変えた地図)

 

最後に🦖

著者がポートランドで訪れたベトナム料理店の名は『ルック・ラック』

ポートランドを再訪したら是非そこで食事しようと思わずにはいられない。ポートランドへ行ってわざわざベトナム料理か?いや、今の私にとってはあの本に出てきた店なのだ。本はこうして見知らぬ場所と私をつなぐ媒介になる。だから本を読むことはクセになるのだ。

 

ではまた🦖