🚃Tiny Journey✈️

身軽に旅するミニマルバックパッカーの旅と読書の記録、時々手帳

旅の手帳にロルバーンがオススメな理由

おはようございます🌞

手帳が旅の必需品のCometです🦖

 

旅の相棒である手帳にはパッキングリストや予約情報、旅先の知識などをメモしています。 また旅先ではスタンプを押したり、改めて知ったことをメモして帰ってきます。旅の手帳にロルバーンがオススメな理由をまとめました。

1.手頃な値段!

2018年夏の青春18きっぷ日本北上旅で使用したのは、東京ステーションギャラリーのミュージアムショップTRAINIARTで購入したヘッドマーク柄。Mサイズで¥470(税込)でした。無地のカラーのスタンダードなノートは¥350 (+ tax)。

ヘッドマーク柄の黄色いロルバーン

ノートなんてなんでもよい、もっと安いものもあるなんて思った方にも下記のロルバーンの特徴を是非読んでもらいたい。

因みに私が2018年夏の青春18きっぷ日本北上旅にヘッドマーク柄のノートを選んだのは言うまでもなく、ノートと旅のテーマを合わせたかったから。

JR仙台駅構内のヘッドマーク展示

仙台駅でこのヘッドマーク柄のノートをお供にかつて活躍した列車達のヘッドマーク展示を見たのは良い思い出です。

2.程良いサイズ感!

手荷物を入れておく小さなカバンやサコッシュにスッキリ収まるのが良いところ。小さすぎず大きすぎずのサイズ感はとても大切です。

小さいバッグに収まるロルバーン

駅やSA、観光地などに設置されているスタンプを押すのにもちょうど良いサイズ。旅先で見つけたスタンプも大切な旅の思い出の一つです。

JR仙台駅の七夕と伊達政宗マスコットのスタンプ

海外でもたまにスタンプを見かけます。もちろん日本のように親切にスタンプ用の紙も併せて設置してあるなんてことはないので、ノートを持っていて良かったと思ったことは何度もあります。

また美術館や博物館の入館者の目印シールをもらうこともあるので、出た後にさっと手帳に貼り付けておくこともできます。そういったことを楽しむのに程よく十分なページ数です。

3.機能的!

ロルバーンが使いやすいポイントは沢山あります。

  • 目にやさしい紙の色
  • めくりやすいダブルリング
  • 点線の5mm方眼で書きやすい
  • 切り取り線入り
  • ゴムバンド付き
  • オプションのパーツ

柔らかなクリーム色の紙で目にやさしく、気持ちよく切り取れる切り取り線はぐちゃっと一時的なメモをしたページを捨てたり、旅先で筆談したり連絡先を交換したりするのに便利です。

5mm方眼は定番でしっかり大きめの字で書くことができ、書いてある内容が読みやすのが良いところ。ロルバーンの方眼線は点線になっており、文字や図を書くための補助にこそなるものの決して邪魔にはならないという絶妙な存在感。パッキングリストのチェックボックスをマイルドライナーで書くと、程よく隙間があいてとても見やすいです。

方眼を利用して書いたパッキングリスト

またダブルリングにボールペンのクリップを挿しておけるのでカバンの中でコンパクトに収まる上、いつも一緒に取り出すことができます。

ダブルリングに挿したボールペン

あれこれ貼り付けたりはさんだりしているうちに少しずつノートが膨らんできますが、ゴムバンドが優しく支えてくれます。

ゴムバンドで留めたノートの断面

オプションでロルバーン用のインデックスもあり、予約内容のページ、スタンプ帳のページ、記録用のページと分けておくともっと機能的に使えそうです。こちらは最近東急ハンズで見かけて興味を持っています。

ロルバーン インデックスシートM 【クリアグレー】 500653-717

ロルバーン インデックスシートM 【クリアグレー】 500653-717

 

ペン差しの付いた下敷きもありました。

4.いろいろ入るクリアポケット!

後ろの方に付いているクリアポケットはかなり良い仕事をしてくれます。

  • チケットやレシートを収納
  • 予備のお金を収納
  • 両面テープやKITTAを収納

旅の思い出となるチケットやレシートなどをさっと収納する場所があるというのは意外にも便利です。なんでも財布に入れているとすぐにパンパンになってしまって、ごちゃごちゃした財布は旅先でのお金に関する思考を鈍らせます。

チケットや切符を入れたクリアケース

私はあとで旅の記録を作るために旅先で得られる紙製の素材をとっておきます。これは青森でカキフライを食べた店の箸袋。2日連続でカキフライを食べました。

箸袋を入れたクリアケース

予備のお金を入れておいて上部をマスキングテープで留めておくこともあります。必要になったらぴっと破って取り出す。これも意外と財布に入れておくよりも旅先での無駄遣いを防ぐのに役立っているように感じます。

また旅先でチケット類などを貼り付ける作業をすることもあるため、両面テープや装飾用のKITTAをいくつか入れておいたりもします。こういった小道具が少しあると手帳を書くのが楽しくなります。

両面テープとKITTA

両面テープはhobonichiのカット済みのものが便利!

ちなみにミニサイズのロルバーンにはカードがちょうど入ります。

交通系ICカードが収まるロルバーンミニ


5.カラーやデザインが豊富!

なんと言ってもバリエーション豊富なのが楽しい!

  • 旅のテーマカラーで選ぶ
  • 旅との関連性のあるデザインを選ぶ
  • 特化した内容や行き先のデザインを選ぶ

 テーマカラーで選ぶなら👇

現代アートを巡る旅なら👇

食べ物に特化するなら👇

旅先の限定デザインを選ぶなら👇

北欧へ行くなら👇

ロルバーンはこんな貴方にオススメ

旅と関連付けてノートを選ぶとその旅への期待が高まるし、帰ってきた後もそのまま旅の記録として残すことができます。表紙を見ただけで旅の思い出が蘇り、一生の宝ものになるでしょう。旅✕手帳の楽しさを知る人がもっと増えたり、ノート好きの方の新たな楽しみ方の発見につながれば嬉しいです。

  • アナログが好き
  • 旅の記録をつけたい
  • 旅をもっと有意義にしたい

 

旅✕手帳・ノートに関する他の記事