米粒遊歩 〜自由と孤独と本と手帳〜

旅の手記、読書の記録、時々手帳。主人公ツバメが小説風に展開します。

【NEWS】はてなインターネット文学賞と妖し狸

本ブログは小説風に展開しております。

皆様こんにちは。

こちらはお知らせ記事です。

 

フィクションと現実

現在、このブログはWEB小説投稿サイトのカクヨムで公開中のWEB小説と連動する形で更新しております。

異都奈良の琥珀食堂(蒼翠琥珀) - カクヨム

妖し狸の神隠し(蒼翠琥珀) - カクヨム

いずれも【奈良】を舞台にしたフィクションで、この二作は勿論、現時点で公開している他の全ての拙作とも世界が繋がっております。

 

WEB小説『妖し狸の神隠し』

『妖し狸の神隠し』は奇想感漂う奈良の街角で、作品間の世界の繋がり方・構造が仄めかされた短編小説で、『インターネット』の仕組みと、この世界の姿の想像図を絡めて描いています。

 

はてなインターネット文学賞』応募作

はてなブログでエントリーを受け付けていた『はてなインターネット文学賞』。

実はカクヨムでも開催しておりまして、昨日、応募受付終了日でした。

 

この文学賞に『妖し狸の神隠し』もエントリーしております!

カクヨムで実施されるコンテストは一次選考が読者選考であることも多く、このコンテストでは、それに加えて【インターネット上での反応】が加味されます。

 

【インターネット上での反応】とは、カクヨムを越えてカクヨムユーザー以外も読みに来てくれたり、ブックマークされたり、SNSでシェアされたりといったことのようです。

 

それなりに健闘中?

ランキングを見る限り、応募受付期間中は30位前後をウロウロとしていました。(応募総数は2,406作品)

が、何故か【2万字以内】【完結済】という応募規定に当てはまらない作品が多く散見されるので、実際はもう少し上位だと思うのですが……

 

とはいえ、読者選考期間は8月31日(火)23:59まで

まだまだランキングは動くでしょう。

 

もし拙作に興味を持っていただけましたら、読むことで応援してくださると嬉しいです。(誰でもブラウザまたはアプリで、無料で読むことができます)

キャッチコピー:現実は何処にありますか?

あらすじ:月餅殿商店路の一角にひっそりと佇む【BAR古都奈良】。『人』の姿をした彼らが集うのは嘘か真か怪しい噂話や静かに寛ぐ時間を楽しむため。旅の途中に立ち寄った琥珀と蜜玻を迎えたのは、六科という風変わりな店主だった。この店にはある秘密の扉があり……

 

本作は二章構成、全6話の短編小説。

一話あたり、3000字程度ですので、少しずつ読んでも、一気に読んでもそれなりにサクッと読めるかと思います。

 

それでは……

f:id:aaa41:20210825194742j:plain
f:id:aaa41:20210825195034j:plain
f:id:aaa41:20210825194802j:plain
f:id:aaa41:20210825194822j:plain
f:id:aaa41:20210825194832j:plain
f:id:aaa41:20210825194812j:plain

どうぞ宜しくお願いいたしますヽ(´エ`)ノ