🚃Tiny Journey✈️

身軽に旅するミニマルバックパッカーの旅と読書の記録、時々手帳

旅の装備を考える 衣食住の住

おはようございます🌞

自称・旅の装備研究家のCometです🦖

身軽に旅するためのミニマルパッキングを研究しています。

 

旅の快適性と荷物の軽量化って、永遠のテーマのような気がします。

旅とはいえ一所に留まらないというだけで、結局のところどこぞで衣食住をしているに過ぎない。これまでずっと先送りにしてきた『住』の装備について検討してみたので、ここで一旦記録しておきます。

 

 

これまでの住

これまでの旅先での宿泊経験は以下の通り。

  • 国内旅行:ゲストハウス、友人宅、ビジネスホテル、車中泊
  • 国内登山:山小屋、ふもとキャンプでピストン、日帰り
  • 国内キャンプ:グループ内のメンバー所有のテント、バンガロー、常設テント
  • 海外旅行:ホテル、友人宅、Airbnb
  • 海外登山:日帰りのみ
  • 海外キャンプ:未経験

 

色んな方のブログやinstagramなんかを見ていると、私自身はそれほど旅慣れてはいないと思う。旅立つ前に予約しておくから、その日の宿を探して歩きまわったり、値段交渉などまずやったことがない。

 

旅のスタイルと宿の位置付け

そういったこともやってみたいとは思っているのだけど、それよりも渇望しているのは自分で衣食住を担いで歩くという旅だ。それはロングトレイルを歩く旅への憧れと単純に宿代を節約したいという切実な願いを足して2で割った着地点でもある。

 

山小屋やホテル、バンガローなどはわたしにとっては高級な宿だ。たまにはそういったところで過ごしたいが、雨風をしのいで体を休ませるというだけならそこまでガッチリした設備は必要ない。この感覚は無理だついて行けないと思う人と似たような感覚の持ち主とにある程度ぱっきり分かれるかもしれない。

 

特定の宿に泊まること自体が旅の目的になることはあるだろうが、それは数泊程度のことであり、長期の旅を想定するなら1泊あたりの料金は切実な問題になる。宿泊代がかさんで旅の本来の目的である現地での体験が制限されたり、旅そのものを諦めることになるのは悲しいことだ。

 

理想の住

衣食住のどれにおいても、最も贅沢なのは選択肢があるということではないだろうか。宿であれば、たまには温泉宿でゆっくりしたい、寝られれば良いから最安のゲストハウスを探す、快適な季節にはテントで過ごしたい、悪天候ならば無理せずホテルに泊まるといった具合だ。書いてみてより一層強く思うのだが、これこそ本当の贅沢ではなかろうか。

 

テント暮らしへの憧れ

これまでの特に登山やキャンプの機会に自分用のテントがあればなあという想いを募らせてきた。ソロ活動の場合だけでなく、グループの同行者たちが山小屋やバンガローを希望した場合も、自分はテントで参加という方法をとることが可能だろう。

 

選択の自由があるというのはすごいことだ。フレキシブルな選択肢を得るためにはテントだ!テントが必要だ!という気になって、テントへ羨望の眼差しを向けるようになったのである。

 

あまりに憧れるものだから、普段の寝具カバーもティピテント柄を選んでしまった。

ティピ型テント柄の布団カバー

以前ニトリで購入したものでとても気に入っている。洗い替え用にもう一枚買っておけば良かったと思っているくらいだ。

 

因みにこれもなかなかかわいいが、インドのアメリカンサマーテントってなんや?

 

想定している旅のスタイルと趣向

どんなテントを選ぶか。それは旅のスタイルや行き先にもよるだろう。

例えばバイクや車で巡るのであれば、重量やパッキングサイズはそれほど大きな問題ではないし、高山や雪上を想定しているなら、防風性・耐水性、換気性能など求める要件は多くなるだろう。

 

わたしが想定しているのは初夏・初秋のキャンプ、真夏の山、海外のロードトリップやキャンプ場泊。いずれも快適そうな時だけテントで寝るのを楽しみたいというユルすぎるスタンスである。ある程度の不便さや快適とは言えないかもしれない状況に対する耐性はそれなりにあると自負しているが、暑すぎる、寒すぎる、天気悪すぎる等の過酷な状況下ではさっさと宿泊施設に逃げ込みたいと思う。

 

なにしろド素人だし、まずはテントを設営する、自炊する、寝る、撤収するのシンプルな一連の工程が板につくようになりたい。不便さに対して工夫することを楽しみたいので、万全の快適性はそこまで要求しない。危険なことはわざわざしないが、どんな時にどの程度不便なのか(困ったことになるのか)肌で感じて学びたい。

 

最も大事なのは自分で背負って無理なく歩けることだ。
でなければ始まらない。

 

テントに求める条件

自分とテントの関係を考えた時に大切なことは何だろうか。

色々考える過程で優先順位は次の通りとした。

  1. 重量
  2. パッキングサイズ
  3. 設営の容易さ
  4. 価格
  5. カラー(見た目)
  6. スペースの広さ

携行〜設営までの負担低減重視。耐水性や透湿性・防風性・換気性も大事だが、自分の使用環境でどこらへんが落とし所というのが全くわからないので、これは経験的に学ぼうと思っている。

 

全体としてシンプルにいきたい。建築家の巨匠の言葉も借りてみる。

Less is more. より少ないことは、より豊かなこと。

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ

成人した頃に出会って感動した言葉だ。人生のモットーにしたいと思って当時メールアドレスに使っていた。削ぎ落とされることで生まれる豊かさを追求する。なんと格好良いのか。ぜひこの概念をわたしのテント観に採用したい。

 

  • ドイツ出身の建築家
  • 近代建築の巨匠
  • God is in the detail.神は細部に宿る という名言も

 

各項目の目安を考えるとこのようになった。

 

  1. 重量…1kg以下(できるだけ軽く)
  2. パッキングサイズ…できるだけ小さく
  3. 設営の容易さ…シンプルな構造、自立式
  4. 価格…3〜5万円
  5. カラー(見た目)…落ち着いたカラー
  6. スペースの広さ…一人用最小限サイズで充分

 

グラウンドシート(フットプリント)などのパーツも合わせて価格を5万以内に収めたい。

 

検討したテントたち

情報収集はinstagramをベースにpick upして、googleやAmazonで検索した。

色々見てみて最終的に候補に上がったものをいくつか紹介する。

 

①TERRA NOVA Equipmentレーサーウルトラ1 / イギリス

  1. 重量…580 g(世界最軽量ダブルウォールテント:ギネス記録)
  2. パッキングサイズ…35 ✕ 8 cm
  3. 設営の容易さ…ダブルウォール、非自立式、
  4. 価格…8〜10万円
  5. カラー(見た目)…インナー:イエロー、フライ:グレー
  6. スペースの広さ…220 ✕ 87(+前室26)✕ 92 cm
  7. Terra Novaの意味…新天地(かっこいいな!)

 

現在売り切れ中。同メーカーの別タイプとシルエットは似ている。↓↓↓

TERRA NOVA(テラノバ) レーサーフォトン1 43LPUS

TERRA NOVA(テラノバ) レーサーフォトン1 43LPUS

 

 

  • ダブルウォールなのに超軽量!
  • 驚異の耐水圧10,000 mm!
  • 快適そうな空間:メッシュ面積の広さ(換気性)、空間広め!
  • チラ見えの黄色が可愛い!

 

  • 価格が高い
  • ペグダウンが必要なので張る場所を選ぶ
  • 生地が薄く、岩っぽい環境では破れやすいかもというレビュー
  • 現在品切れ中!

 

一番注目していたテント。自分がどのような状況下で使用するか、経験を積んでからの方が良いと判断。はじめに購入するテントを使い倒して、空いた穴は修復して、擦り切れてこれ以上無理ってなったら、コレを買うかもしれない。

でもこれだけの投資をするなら、その頃にはホイポイカプセル(ドラゴンボールの世界)が実現していなかいなあとひそかに期待している。量子論の世界が少しずつ近づいてきている気がするしなんとか…いや、今生では出会えないかな…

 

②NIGOR  Pio Pio SOLO / オランダ

 

  1. 重量…790 g
  2. パッキングサイズ…48 ✕ 12 cm
  3. 設営の容易さ…ダブルウォール、非自立式(たぶん)
  4. 価格…6万円
  5. カラー(見た目)…グリーン or オレンジ
  6. スペースの広さ…260 ✕ 110 ✕ 105 cm

 

  • ダブルウォールなのに超軽量!
  • 驚異の耐水圧10,000 mm!
  • 快適そうな空間:メッシュ面積の広さ(換気性)、空間めちゃ広い!
  • TPUコートで引き裂き強度GOOD!
  • シルエットがなんかかっこいい!紡錘形と言うかな?
  • 室内にポケット付き!

 

  • 価格が高め
  • ペグダウンが必要なので張る場所を選ぶ
  • パッキングサイズが大きめ

 

あれ?はじめに購入するテントを使い倒して、空いた穴は修復して、擦り切れてこれ以上無理ってなったら、やっぱりコレを買うかもしれない。移動少なめで広々した芝の上に長めの期間張って過ごすならコレだ!ただ今求めている仕様からすると…パッキングサイズが大きめなので、広い空間は魅力的だけどもう少しコンパクトさを狙いたい。非自立式というのも…

googleでサクッと見た感じ、あまり日本人のレビューが無いので人とかぶらなさそう!という期待も。2017年のオフグリに出店されていたみたいだけど、国内の流通はそんなに無いのかも。オランダへ行ったら買うか!なんて夢を見る今日この頃。

 

③THE NORTH FACE マイカFL1 / アメリカ

  1. 重量…940 g
  2. パッキングサイズ…48 ✕ 15 cm
  3. 設営の容易さ…ダブルウォール、自立式
  4. 価格…5万円
  5. カラー(見た目)…インナー:グレー、フライ:イエロー
  6. スペースの広さ…223 ✕ 71(+前室不明)✕ 96 cm

 

 

  • 全面メッシュすごい!

 

  • 価格は…だいぶ現実的なとこに近づいてきた
  • フライがイエローなのは可愛いがちょっと目立つなあ
  • やっぱパッキングサイズが大きめ…

 

最後は夏の間考えていたので、この全面メッシュがとても魅力的だと思った。真夏のキャンプなら間違いなくコレ。あとはやっぱり価格とパッキングサイズか…

 

④MSR ハバNX / アメリカ

  • 重量…1290 g
  • パッキングサイズ…46 ✕ 15 cm
  • 設営の容易さ…ダブルウォール、自立式
  • 価格…4〜5万円
  • カラー(見た目)…インナー:レッド、フライ:ホワイト
  • スペースの広さ…216 ✕ 76(+前室76)✕ 91 cm

 

MSR 軽量 テント ハバNX ホワイト [1人用] 【日本正規品】 37746

MSR 軽量 テント ハバNX ホワイト [1人用] 【日本正規品】 37746

 

 

  • 耐水圧3,000 mm!
  • 快適そうな空間:メッシュ面積の広さ(換気性)、前室が広そう!
  • カラーリングがかっこいい!

 

  • 価格は近づいてきた
  • ちょっと重い
  • パッキングサイズが大きめ

 

だいぶいい線いってる。ちょっと重いのと、定番のような感じがするので人とかぶりがちかもというのが気になるところ。密集地で張ること無いかもしれないけど、あれ?わたしのウチどこ?となったら辛い。でもいい線いってる。

 

⑤Nature Hike Cycling Backpack Tent / 中国

  • 重量…1450 g
  • パッキングサイズ…40 ✕ 15 cm
  • 設営の容易さ…ダブルウォール、自立式
  • 価格…1万円
  • カラー(見た目)…ネイビー or オレンジ or ブルー
  • スペースの広さ…205 ✕ 95(+前室60) ✕ 100

 

 

  • 価格が素敵!
  • 耐水圧x4,000 mm!
  • 全面メッシュ素敵!前室が広そう!
  • ネイビーのカラーリングがかっこいい!
  • 4シーズン対応!

 

  • 重い
  • パッキングサイズが大きい

 

え?何これ?これでよくね?

そう思わせたのはやっぱり価格だろうなあ。他と比べて安すぎるのは気になるところだけど、重量と価格が見事に負の相関を見せつけてくれているからなんとなく納得できる。それに最近よく見るNaturehikeの製品に関するレビューは結構肯定的。ま、安いしなとかじゃなく、純粋に求める性能としてクリアしているのだと解釈している。

 

どうしましょうどうしましょう。夏キャンプ用に2つ目買っちゃおうかしら。この価格ならと思ってしまう。

車なら全然モーマンタイ!自転車でもいける気がする!

 

パッキングサイズにこだわる訳

さて、これまでにわかったことがいくつかある。

  • 重量と価格は負の相関をとる
  • パッキングサイズはどうにもならない
  • 最適解は存在しない

 さんざん盛り上がってアレだけど、疲れたしキリがないのでこれくらいにしたい。

 

調査の結果、価格と重量に注目して落とし所を探すというのが最終的な方法だろうということがわかった。ただパッキングサイズにこだわりたい理由もあるのだ。

 

今使っている22Lのバックパックでなんとかしたいのだ。うーん、無謀かなあ。

マットは外付けするとしても、テントは中に入れる。いや外に付ける方法もあるかもしれないけれど、今のバックパックでは現実的じゃない。

テントの価格を押さえてバックパックを購入するという方法もあるだろうけど、バックパックも候補がいくつかあって定まらない。

それに普段は荷物が少ないから、山小屋泊2泊3日縦走とか1週間海外旅行とかでも、例の22Lのバックパックで事足りてしまうのだ。だからなかなか大きいザックに手が出ない。

 

空間を大きくすれば夢も広がるかもしれないが重量も増えるのは確実なので、今のところ必要最低限を目指したい。自分の身一つとバックパック一つで元の住処を離れた場合、軽いのは正義だとこれまでに何度も感じてきたからだ。

行動に対するモチベーションが全く違うし、体への負担も明らかに違う。

 

結論:やっぱり軽くて小さいやつがいい!

 

選ばれしテント

軽くて小さい。Less is more.

原点回帰でミースの教えに戻ってきた。

(ミースはテントの選択についてはおそらく言及していない)

 

このまま突き進んでも埒が明かない。そこで脱兎のごとく発想の大転換に出た。

見たことありますか?ウサギが90度横っ飛びする光景。すごいよ?

いや、そうじゃなくてどう転換したのかと言うと…

 

シングルウォールにする

これだ。

 

耐水性・透湿性・換気性等をすべて犠牲にすることになるかもしれないが、活路を見出した。幕の部分が1枚しか無いのだから、重量もサイズも格段に小さくなる。

注目したのは HERITAGE の クロスオーバードームfだ。

 

キャッチコピーは『ゾーンを楽しめるミニマリスト達へ』

なんと日本のメーカーだ。

Made in Japanと聞くとなぜだか嬉しくなるのはわたしだけだろうか。

 

先祖伝来のもの、遺産、伝統(リーダーズ英和辞典第2版より)

 

横断歩道、交差、異分野への進出(リーダーズ英和辞典第2版より)

 

free, fusion, focus, flex, fast, frontier, force, feel地球をクロスオーバーする人々から感じ取れるイメージの頭文字(HERITAGE Technical Mountain GearsのHPより)

 

ほほお!かっこいいな!

 

そこ?と思われるかもしれないが、やっぱり開発者のマインドって大事だと思うのだ。

それにシンプルな構造と落ち着いたグリーンにちこっと赤いパーツがあるのが可愛らしい。 

 

さて、その仕様はというと…

 

  • 重量…600 g
  • パッキングサイズ…16 ✕ 8.5 cm、ポール 38 cm
  • 設営の容易さ…シングルウォール、自立式
  • 価格…3〜3.5万円
  • カラー(見た目)…グリーン
  • スペースの広さ…200 ✕ 75(+前室60) ✕ 95

 

おお!ペットボトルよりちょいと大きいくらいで600 gとは!

ポールは別で細長くコンパクトな収納。

そして価格が嬉しい許容範囲!

 

これ、求めてたヤツじゃない!?と相当テンション上がった。

 

しかし実際には見つけてから数何ヶ月悩んだ。

なぜならこれはテントというよりテント型ツェルトだからだ。

 

クロスオーバードームは一般のテントとは使用目的が異なる装備です。…(中略)…最低限の強度、プロテクションしか有していません。極端な軽量化へのリスクを充分にご理解ください。

ご使用にあたり、状況や天候次第(特に冬季)では豊富な山の経験がなければトラブルを回避できないこともあります。

…(中略)…

テントとツェルトを重量面だけで単純に比較することは危険です。安心で快適な居住空間を選ぶのか、リスクを覚悟してさらなる軽量コンパクト化を進めるのか。ご自身の「山ヂカラ」を客観的に判断していただければ、こういった装備も選択肢の一つになるでしょう。

引用元:HERITAGE Technical Mountain GearsのHP

 

うっ…かなり上級者向けっぽい。

はじめてのテントとしてはどうかという声が聞こえてくる。

冬山で使う予定は今の所ないけど、そうでなくても耐水性と結露問題は…

 

などとあれこれと悩み、ユーザーのレビューを読み漁り、しばらく放置し、眺め、諦め、再燃し…色んな自問自答を経て、ついにやってみるかと決意。

 

結論:何事もやってみなわからん!

 

決して安易な考えで、選ぼうとしているわけではない。自分の工夫次第でということだし、テント以外の荷物の軽量化だって知恵を絞って試行錯誤を重ねてきたのだから。

むしろ課題がある方が面白い!

 

いよいよ購入に至る

ここに至るまでの長い道のり、共に味わってくださった貴方はもはや同志です。

ありがとうございます。

取捨選択、物事の決断、ものすごくエネルギーを使いました。

 

春先から毎月コツコツとテント貯金をしてきたのもあって、そろそろ頃合いかなということでこの度ようやくポチリとしました。

 

 

嬉しいことにタイミングよくセール!!! HAPPY!!!

メーカーHPでは2019年9月30日までの期間限定で10%OFFセール

Amazonではなんと5000円引き!

 

最後に

この記録は自分の為のもので、自信を持ってこのテントが良いと誰かに勧めるためのものではありません。検討する水準もあまり一般的では無いように思います。

例えばわたしが重い!と表現しているのも、1 kg以下という目標と照らし合わせると重いのであって、1.5 kgほどのテントは一般的にはかなり軽量化されたモデルだと思います。

なのであまり鵜呑みにはされないよう。同じ様に装備の軽量化を検討している人にとっては、抽出できる情報があるかもしれません。

 

ただ、快適性・価格・軽量化っておそらくみんなに共通のテーマかと思います。もちろん私自身にとっても大きな課題です。

 

だからこうして初心を残しておいて、使ってみてから振り返ったり、別の機会に参考にしたり、時代を経てテントのさらなる進化が見られたりすれば面白いかなと思って書き残すことにしました。

 

最後まで読んでくださって本当に有難うございました。

これからいよいよソロキャンプや野宿の旅を楽しもうと思います。