米粒遊歩 〜自由と孤独と本と手帳〜

旅のあれこれ、読書の記録、手帳に書き残すように。

4.23『本の日 El dia del Libre』に何を読む?

本の日に赤い薔薇を添えて。カタルーニャの風習。

吉野山、大峯奥駈道への道標

歩く史跡・大峯奥駈道が始まる吉野。山と人が一体となって暮らす町にあるものは。

吉野桜の奇妙な同居人

人知れず繰り広げられる自然界の活劇。生き方の多様性と共生の道。人はその光景を見て何を思うだろう。

TNPと不二精機5年手帳

TNPとその周辺と相性のいい不二精機5年手帳。極めてシンプルなフォーマットとコンパクトさが素晴らしい。

iPad miniのコーディネート

自分仕様のiPad mini 6を携えて、創作活動を益々加速させたい。

大切な言葉を刻む場所

オンラインのApple Storeで刻印サービスを利用した話。刻んだのは……

〈軽旅〉にはiPad mini 6を

荷物は小さく軽く。iPad miniは〈軽旅〉との相性が抜群!

ポケットに文庫本

文庫本と相性がいい旅装

濁流に架かる鉄の橋とツァツァ

ブータンの公用語ゾンカでは、川のことを「チュ」という。眼前のパロ・チュに架かる吊り橋を渡ることこそ、ここに立ち寄った目的と言えよう。

【旅本】ブータン✕『アヒルと鴨のコインロッカー』

残酷で切なくも、どこか颯爽と流れゆく風を感じさせる。生と死は並列だろ、と爽やかに言ってのけると共に、ブータンというヒマラヤの小国の存在を静かに心の深いところに釘打ってくる物語。

旅は道連れ、ワインディング・ロードの洗礼

現地ガイドとドライバー。二人のブータン人とパーティを組み、いよいよブータンに足を踏み入れる。延々と続くワインディング・ロードの洗礼を受け……

王宮を思わせる伝統装飾の空港にて

伝統装飾に彩られたブータンの玄関口は、王宮内部を思わせる静謐な空間だった。